「親子の絆ネットワーク」ファーザーズウェブサイト 親子の交流を守る会
ユーザログイン
ユーザ名:
パスワード:

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

メモリーズ(旧コンテンツ)

アクセスカウンタ
総計 :2264278226427822642782264278226427822642782264278



  離婚によって離れて暮らすことになった子どもさんに、手紙を書いてみませんか。
離婚後に一人で育てている子どもさんに、口では言えないメッセージを残しておきませんか。
両親が離婚しても愛され続けた子どもの立場から、素直な気持を聞かせてもらえないでしょうか。
みなさんからのご投稿をお待ちしています。
「ファーザーズ・ウェブサイト」では、このページを含めた当サイトの内容に関する本の出版を計画中です。
採用させていただく場合もありますので、プライバシーには十分ご注意ください。

2007年1月より、ご投稿はユーザ登録をしていただくことにしました。
また、ご投稿いただいたのち、一旦掲載待ちになります。掲載には時間が掛かる場合があります。
*これは、海外からのアダルトサイトへの勧誘投稿、薬品購入の勧誘投稿が頻発しているための対策です。

ユーザ登録はこちら
 
離れて暮らす子どもへの手紙
157件のメッセージがあります

« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 16 »

127) さーちゃんへ
joy
2010-9-26 18:30
長老
さーちゃん
10才の誕生日おめでとう。

今年はさーちゃんに会ってお祝いしたかったので
お仕事をお休みしましたが今年も
さーちゃんに会う事もお祝いも出来ませんでした。


126) 愛する我が子へ
ryuu
2010-9-12 19:31
新米

絵や習字や硬筆など優秀な小学生・幼稚園の生徒の作品が展示される作品展が、昨日・今日とあったよね。
パパと違って字が上手なけいちゃん、絵が上手なちひろちゃん。
きっと2人の作品は飾ってあったと思います。
パパ見に行きたくて見に行きたくて仕方がなかったけど、パパの姿がママに見つかると、今週の土曜日にある運動会を昨年と同じようにあなた達を欠席させることは間違いないから、パパは我慢したんだ。
「上手だね。」とあなた達の頭をナデナデしてあげたかったな。


会いたいよ 会いたいよ 会いたいよ


125) お誕生日おめでとう
パチョ
2010-9-1 15:32
新米
美紀、今日は何の日?
その通り、収穫の日です。
やっぱりエラいなぁ、美紀は。
空気読んでるし。
お誕生日おめでとう。
今日で14歳ですね。
今日から2学期、学校はどうですか?
元気にしてますか?
千陽も元気ですか?
郵便で図書カードと手紙を送りましたが、渡してもらえないと思います。
千陽の誕生日の時もマックカードと手紙、切手を送りました。
しかし、渡してもらえませんでした。
来週に、正式に離婚が決まると思います。
もう、知ってるよね。
ママからは多分酷い事を言われてると思います。
だから、電話すら出来ないんだよね。
パパが2004年にじいちゃんちをママと君たちを連れて飛び出した時のように、会わせてもらえないんだよ。
その時は、パパ、ママを守るために家をみんなで飛び出したんだよ。
今日はこれくらいにしとくね。
いつか会える日を楽しみにしてます。
そして、いつか真実を話す日が来ると思います。
その時、全て話したげるね。
全部、書類が残ってるから。
美紀、千陽、二人はパパの大切な宝物。
忘れた事など一度も無いからね。
だから、もしコレを見つけたら、いつでも尋ねておいで。
パパは、いつまでも君たちを愛してます。
そして、いつも心配してます。


124) 愛する我が子へ
ryuu
2010-8-29 11:00
新米
けいちゃん、ちいちゃん今日も外は☀て暑いね。

二人は何してるかな?パパは仕事休みだけどお出かけせず、部屋に籠もっています。

二人に似た子を見るとどうしてもあなたたちを思い出してしまい、人目を憚らず泣いてしまいます。

二年。頑張ってきましたが、パパはもう精神的にも限界かな…。
弱いパパでごめんね


123) 愛する娘へ
ryuu
2010-7-24 21:12
新米
 今日はちいちゃんの6歳のお誕生日だね。ちいちゃんの大好きだったこねこちゃんの絵本をプレゼントとしていつか渡せるといいなぁと思ってるよ。
 今頃ママやお兄ちゃん達とお祝いしてケーキ食べてるのかな?
 パパは一宮のお家で一人でちいちゃんのお祝いをしているよ。
 ちいちゃんおめでとう。パパの子どもとして生まれてきてくれてありがとう。
 また、いっぱいいっぱい走りっこしたいな。


122) 愛する我が子へ
ryuu
2010-6-27 16:05
新米
けいちゃん、ちいちゃん元気にしていますか?
二人にはもう1年9ヶ月も会っていないけど1日たりとも二人のことを思わない日はないよ。
二人の夢も毎日のように見るよ。
休日はキャッチボールしたり公園に行ったりして遊んだよね。
二人と遊べない休日が来るなんてパパは想像もできなかったよ。
いつかいつかまたみんなで暮らせる日を信じてきたけど、その夢もついえてしまいました。
こんなに二人のこと愛しているのに…。
二人のことを強く強く抱きしめたいよ。


121) 愛する我が子へ
kimihisa
2010-6-17 23:00
新米
こうすけ君お誕生日おめでとう。
一緒に過ごせなくて本当に済まない。贈ったプレゼント受け取ってくれたかな。いつか 会える日が来ることを待っています。勉強頑張ってね。お母さんの言うこと よく聞いて、どうか 元気に過ごしてください。お父さんも公佑が大人になるまでは 元気に頑張るから。じゃあ またね。いつも心の中では一緒にいます。こうすけ 会いたいよ。 お母さんを守ってください。じゃあ またね。                  6月17日 おとうさんより


120) 愛する我が子へ
kimihisa
2010-6-16 23:31
新米
公佑くん 明日は誕生日だね。 送ったプレゼント よろこんでもらえたら嬉しいけど、本当は そんなプレゼントよりも また以前の生活を送れることを きっと 心のどこかで望んでいるんだろう。一日だって公佑のこと、公佑のお母さんのこと 忘れた日はないよ。どうか、つらいことが あっても のりこえて。心の中で いつも 応援してる。天気いい日には この日差しを公佑も浴びながら頑張ってるって 思ってる。またね。 


119) パパの小桜へ
コハルパパ
2010-5-13 20:00
常連
4歳のお誕生日おめでとう。

小桜の誕生日、パパは1歳の日しか知りません。
でも、4年前の早朝、病院で産まれたばかりの小桜を抱き、産まれたばかりなのに、目をシッカリあけて、両拳を握り、見えても居ないのにキョロキョロと目玉を動かしていた姿は、パパの記憶にしっかり残っています。小桜、産まれてきてくれてありがとう。
かわいくてかわいくて、パパにそっくりな小桜。
パパは桜の花がとてもきれいだと思うから、名前にしたんだよ。
パパとママが結婚式した日には、桜が咲いてくれなかったから
小桜の名前につけたんだよ。

この前ママにたのんだパパのプレゼント、キティちゃんのクック、サンダル、スポーツシューズ、ちゃんと今日渡してもらったんかな?

これからも、お誕生日もクリスマスも、パパは一緒に過ごせません。
でも、ちがう場所でまいにちまいにち、パパは小桜のことをおもい、かんがえているよ。まいにちまいにち絶対に忘れてないよ。

パパは、小桜と離れたくなかったんだよ。
パパは、ずっと小桜が大好きだよ。
まいにちお仕事で嫌な気持ちになるけど、小桜のためってパパはひとりで頑張っているよ。

大きくなったら、いつでも来ていいいよ。
大きくなったら、いつでも電話していいよ。

パパはずっと小桜のパパだから。
パパはずっと小桜のことを想ってくらしているから。
パパはずっと小桜が大好き。

何があっても、どんなことがあっても、パパはまいにちまいにち小桜のことを想っているからね。


お誕生日おめでとう!
いつか、大きくなった小桜が、パパの想いを読んでくれるなら、
とここに残します。
小桜は、パパの娘。
パパの大切な大切な命の娘です。

何があっても、どんなことがあってもパパは、小桜を助けてあげるからね。パパは一生、小桜のパパだから。
ぜったいにいなくならないから。


何よりも愛する小桜へ

小桜のパパより
お誕生日おめでとう!






118) 愛する我が子へ
ryuu
2010-4-6 19:44
新米
                     平成22年4月6日

笠木の堤防は桜は咲きましたか?ママの作ってくれたお弁当持ってお花見したよね。ママのおにぎりおいしかったなあ…。
 もう春休みも今日辺りで終わりかな?けいちゃんは四年生、ちいちゃんは年長さんとそれぞれお兄さん・お姉さんになりますね。ママも毎日お仕事頑張っているんだろうね。パパは相変わらず何やっても声が出ないんだ。パパも早く声出るようになって、お仕事頑張らなくてはね。
 会えなくなって1年7カ月になろうとしてます。顔形声変わってしまっていると思うけど、パパはもし明日会ったとしてもあなたたちだと分かる自信があるよ。だって大好きだからさ…
 ママはパパのこと大嫌いになってしまったけど、パパはママのこと大好きだよ。
 どんな小さな家でもどんな場所でもいい。4人でまた一緒に暮らせることを信じてパパは死ぬまで頑張るからね。
 


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 16 »

離れて暮らす子どもへの手紙は、我が子と離れて暮らしている「お父さん、お母さん」から愛するお子さん達へのメッセージです。
関連図書(新刊紹介)

皆さんの推奨アイテム紹介


Copyright (c) 2005 Fathers'Website All rights reserved.